Technology

技 術

MMCロゴマーク
筋電メディカルのコアエンジン

EMS

筋電メディカルの
コアエンジン

Myoelectric Medicine Core Engine
筋電メディカルのコアエンジンは、筋電気刺激(EMS)装置、ナノ電極技術、スマートウォッチ技術という3つのエンジンから構成されます。

従来の筋電気刺激(EMS)装置は身体の奥の筋肉まで達するような強い刺激があり、どうやっても痛い!という難題がありました。
それに解を出したのが、ナノ電極技術です。約40年に渡る筋刺激の研究成果・EMSとナノ電極技術とのコラボが筋肉づくりの新しい扉を開けます。
そのナノ電極技術に情報をあたえ筋電気刺激を行うのはスマートウォッチ技術です。ウェアラブルデバイスとして科学的根拠によるトレーニング・メニューを作成し、ナノ電極技術を通して筋トレを行います。同時にバイタルデータを測定、蓄積し、ビッグデータと連携、筋電メディカルで提供されるソリューションは、ビッグデータと連携した独自のAIにより、各自の体調に合わせて最適化されます。

EMS
筋電気刺激(EMS)装置

EMS

筋電気刺激(EMS)装置

筋電気刺激(EMS)装置
図をクリックすると拡大されます

筋電メディカルの中核をなす、筋電気刺激(EMS)装置は、脳の指令を伴わない筋収縮でも、認知症予防物質の産生を誘発します。
寝たきりでもできる認知症予防をとして期待されています。

1.認知機能の改善に……

自発的な運動はもちろん、他動的な運動であるEMSでも、認知症予防に不可欠な「脳由来神経栄養因子(BDNF)は増加します。
※筋肉の繰り返しの収縮が、BDNF産生のトリガーになることが明らかになっています。

2.寝たきりになっても……

EMSは、筋収縮のみを誘発するため、膝や腰の関節に負担を掛けません。このため、骨折患者の完治前リハビリでも使用されています。寝たきり状態であっても使用可能です。

3.運動との併用で更に効果的に……

EMSでは、鍛えにくい筋肉である速筋を優先的に鍛えられます。このため、自主的な運動とのハイブリッドで、効果的に筋肥大させることができます。

nano sheet
ナノ電極技術

nano sheet

ナノ電極技術

Nanofilm sheet
©FPS Inc. All rights reserved.

ナノ電極技術には様々な特徴があります。ナノ電極技術の素材すべてが電極です。
 
 
関連動画:
手のひらの複雑な筋肉の動き世界初計測に成功
(ANNnewsCH 2019/12/13)
https://youtu.be/dOLNkMDmI7U

  • 電極自体は、皮膚の形状に完全フィットするので、痛みがありません。
  • 広範囲に刺激を通電できるので、筋の深層部まで刺激が届きます。
  • 電極部分は使い捨て(ディスポーザブル)で衛生的です。
  • 電極の贋物が使用できないようにする仕組みを装備可能。
  • 刺激時に関節を動かさないため、関節を痛めた人でも大丈夫です。
  • 利便性の高さが大きなポイント。
    電極の形状が皮膚と一体化しているので、刺激電極の利便性が、従来とは全く違います。
  • 洋服のようにオーダーメイドができるので、太っていたり、お腹が出てたりしても合わせられます。
  • 部位を選ばず、どこでも貼れて、かつ、鍛えることができます。

smart watch
スマートウォッチ技術

smaet watch

スマートウォッチ技術

スマートウォッチ

© ASUSTeK Computer Inc. All rights reserved.
筋電気刺激(EMS)装置とナノ電極技術をつなぐウェアラブルデバイス。他動的運動トレーニングの制御を行い、同時に体調・睡眠データを蓄積し、フィードバックします。

他動的運動トレーニング

科学的根拠によるトレーニング・メニュー作成
筋電メディカル・ナノ電極EMSによる筋トレ、生活習慣病予防・改善
(特に肥満・糖尿病、フレイル、癌、認知症、ストレス)のための他動的運動
 

体調・睡眠管理

自律神経、血糖値、血圧、心拍数、歩数、ゲートパターン解析、酸素濃度(分圧)、血圧波動指数、睡眠の質、時間等々

ちひろ
プラットフォームとAIちひろ

ちひろ

プラットフォームと
AIちひろ

健康資産ビッグデータ
図をクリックすると拡大されます

筋電メディカル製品を支えるIT基盤技術

筋電メディカルコアエンジンを通じて収集された情報は、健康資産ビッグデータ※1へ集約されます。そこでは、自分の健康情報と多くの人たちの健康データを比較して因果関係を明らかにし、AIエージェントのAIちひろ※2があなたにとって、有用な情報をフィードバックしていきます。

  • ※1
    • 健康資産ビッグデータプラットフォームとは、自分自身のヘルスケアレコードとみんなのヘルスケアレコードを専門家(NPO法人エビデンスベーストヘルスケア協議会)が分析した結果を表示する“健康発見器”です。
  •  
  • ※2
    • 個人の健康情報を長期的に活用いただくために考えられたのがAIちひろです。
    • AIちひろは、自身の健康情報を把握管理し、最適な健康アドバイスをします。
※1

健康資産ビッグデータプラットフォームとは、自分自身のヘルスケアレコードとみんなのヘルスケアレコードを専門家(NPO法人エビデンスベーストヘルスケア協議会)が分析した結果を表示する“健康発見器”です。

※2

個人の健康情報を長期的に活用いただくために考えられたのがAIちひろです。
AIちひろは、自身の健康情報を把握管理し、最適な健康アドバイスをします。